So-net無料ブログ作成

めぐる季節の中で、、、 [フォトエッセイ]

高尾山.jpg

高尾山を訪れたのは、春から夏への季節の狭間。


日に日に、緑が色濃くなっていく時期に、枯れゆく花があったというのは、なんだか、興味惹かれる光景だった。

ご存知のとおり、高尾山は2007年に「ミシュランガイド東京」の、旅行ガイド版「ミシュラン・ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」で三つ星を獲得した。
選定理由は、「首都近郊にありながら、豊かな自然に恵まれ、ハイキングコースの整備も行き届き、誰でも手軽 に自然に触れられるため」だそう。
私は、子どものころ、半強制的にに幾度となく連れて行かれたもんで、そんなにスゴイところだという印象はなく、逆に少々バカにしていたくらいだったが、今回、「確かにな」と思った。
日本人のリラックス下手は、ここにあるのではないかと。
つまり、多くの日本人は、言葉にはできないけど自分のカラダや心で感じる満足感より、言葉で語れる体験を優先してるのではないかと。

例えば、私が行ったときは、セッコクという珍しい花が咲いていた。

セッコク1.jpg

今回、植物に関しては、何も下調べせずに行ってしまったもんで、最長100mmのレンズしか持っていなく、この写真のどこにその花が写っているか、、、わかんないっしょ。


セッコク3.jpg

拡大すると、こんなカンジ。
(いくらブログでも、自分の写真をここまでトリミングするのは不本意だが、とりあえず、、、)


ウィキによると、「セッコク(石斛、学名:Dendrobium moniliforme)は、単子葉植物ラン科の植物。日本の中部以南に分布する。岩の上や大木に着生する着生植物である。」
東京は日本の中部ではないが、、、
高尾山のHPでは、高尾山で見ることのできる代表的な植物として紹介されている(というのは、帰ってきてから知ったのだが)
高尾山では、主に杉の大木の上部の枝に着生しているので、知らないと、なかなか見つけることができない。私の場合は、ラッキーなことに、たまたま出会ったおじさんが教えてくれた。
っていうようなことを、最初のノートリ写真を見せながら話しても、何人の人が興味を示してくれるだろう。
だから、そんなことを期待して行くような場所じゃない。
他人の評価にとらわれることなく、どんなカメラよりもはるかに優秀な目と、機械にはない心を持った自分の感覚を大切にしなくちゃいけないんだなと思った。


高尾山2.jpg

父は、そういうことを伝えたかったのではないかなと、なんとなく思った。


nice!(110)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 110

コメント 23

me-co

調布に住んでいた頃、せっかくだからと今時分の時期に京王線でぴゅ~っと行きましたが、あまりの人の多さに驚きましたねー@@;
・・・帰りのケーブルカーの整理券もらうのに相当並んだなぁ~
by me-co (2012-11-08 00:43) 

寂光

親子の関係、
「伝えなければならないこと」、
大事ですね。
私にはその「伝えたいこと」があるでしょうか。
一度しっかりと考えてみたいと思います。
うっかりしていると気付きませんね、
良い命題を与えて頂きました。
ありがとうございます。
by 寂光 (2012-11-08 05:11) 

たま

「どんなカメラよりもはるかに優秀な目」・・・そうですよね、
忘れてしまいそうです^^;
by たま (2012-11-08 08:49) 

★まっと★

親子の関係がしっかりしているからこそ、気付きがあり発見があり、人生に色合いが出てくるんですよね。
見つめるもののなかにもっと見つめたいものが見えてくる・・・それも受け継がれた贈り物に違いないですね。
o(*'▽'*)/☆゚'・:*☆
by ★まっと★ (2012-11-08 09:51) 

はくちゃん

おはようございます
人間の目ってすごいですよね
単純に観たまま感じたまま撮ろうと思うとこれが難しい。。。
最後の1枚。。。素敵ですね
優しい緑って好きです
(^^)/

by はくちゃん (2012-11-08 10:40) 

engrid

五感で感じる、
自分の感覚で感じる、
お父様の伝えたかったことを、言葉で無く感じとる
父と娘が、分かり合えてくる、そんな時でしょうか。

by engrid (2012-11-08 10:47) 

ジョルノ飛曹長

自分の感覚を大切にして自然に触れてくると、確かな充実感がありますね。
写真撮ろうと思って行くと、そのシーンごとの思い出は殆ど残らず、残っているのは写真だけになってしまいがちですもんね。^^
by ジョルノ飛曹長 (2012-11-08 12:44) 

Takashi

自分の感覚って大事。それを育ませたお父様もステキです。
言葉や情報が先に入ってしまうと、それにしか目が行かなくなって大事なものを見落としてしまいそうです。
by Takashi (2012-11-08 12:49) 

ゆうみ

お父さまのおっしゃってること 胸に深く刻まれる言葉ですね。
一瞬の感動をいかにとらえるか 自分の心にどう刻み
写真としてどう残すか 考えます。
by ゆうみ (2012-11-08 13:18) 

rantan-nya

高尾は電車1本で行けるのですが、最近は人が増えすぎました・・
それでも自然の中に入ってしまえば、自然と1対1になれるかな~
カメラを持っていくと、それに引っ張られてしまう時があります
まずは手ぶらで歩いて、感じて、ですね!
by rantan-nya (2012-11-08 23:20) 

COLE

まったくもっておっしゃる通りだと思います
要するに自分の感性が無ければつまらないですね
by COLE (2012-11-10 07:07) 

ぱぱくま

素直に感じた気持ち良さが人と違ってもいい!
感性は人と違って当たりまえですものね。
家族や育った環境って感性を大きく左右しますね。
お父様に感謝です(・∀・)♪
by ぱぱくま (2012-11-10 08:07) 

ZZA700

最後の一行がグッと来ました ^^;
by ZZA700 (2012-11-10 09:00) 

のの

お久しぶりです(^^)
「自分の感覚を大切に」・・・・ホントですね*
by のの (2012-11-10 09:43) 

のらん

目の前の美しさや感動って、
どんなカメラでも写せないですよね~
でも、写真には、その瞬間の、自分の心が写ったりする??
by のらん (2012-11-10 16:50) 

カエル

私も先日感じてきました。初体験でした。
by カエル (2012-11-10 18:52) 

まりっぺ

男親の子供へのちょっとシャイさが感じられる
伝え方やね^^
とっても素敵なお父様ですね。
by まりっぺ (2012-11-10 22:39) 

mipoko

カメラよりも優秀な目  本当にそうですね
機材にはない心 うん 確かに!
まだ定まらない自分の感覚を見つけて大切にしたいなっ♪
by mipoko (2012-11-11 23:14) 

lucky13

やはり 自然の物は
自然の目で見た方が感動はあるのではないでしょうか。

by lucky13 (2012-11-12 16:06) 

SU-SAN

ぼくはいつも撮る時にも見る人のことが気になって
雑念に満ちた写真になってしまいますσ(^_^;)。
自分の価値観を信じて自然体で撮ることって
難しいです(*^_^*)。
by SU-SAN (2012-11-13 22:14) 

chika_kun

戻って来てくれて嬉しい限りです(^_^)
by chika_kun (2012-11-15 00:12) 

みど

るいすさん、ごぶさたしております。
お元気そうでなによりです(ΦωΦ)ノにゃ
by みど (2012-11-15 10:24) 

hatsu

「自分の感覚」、大事にしたいなーって思います^^
by hatsu (2012-11-25 07:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。